無添加

育毛剤と育毛シャンプーの役割の違い

育毛剤と育毛シャンプーは、育毛に使うための専用液と育毛用のシャンプーという違いがあります。
育毛剤は通常、シャンプーの後に使われるもので、普段外出先で育毛剤を頭皮に使用してもあまり意味はありません。
清潔で汚れや皮脂の少ない状態の清潔な頭皮に使ってはじめて育毛効果が表れてくるのです。

育毛シャンプーは通常のシャンプーhttp://soundness.jp/yakuyou.htmlと同様、1日に1回もしくは2日に1回の割合で行うシャンプーに使います。
ブラシやくしで軽く髪にブラッシングをかけ、髪についた汚れを取り除いてから、頭皮についても軽くブラシをかけて皮脂汚れを浮かすようにします。
その後髪全体を温かいお湯でしっかりと洗い、よく泡立てた育毛シャンプーを頭皮にしっかりと浸透させるようにして、汚れを泡で包み込んで洗浄します。
この時、指先で揉み解すように頭皮マッサージをしてあげれば、さらに育毛シャンプーの中に含まれる栄養が行き届き、育毛効果が期待できると言われています。

温かいお湯で髪と頭皮をしっかりと洗い流したら、シャンプーは終わりです。
きれいな頭皮に育毛剤を塗るのは抵抗があるという方も少なくありませんが、育毛剤は髪と頭皮への栄養剤です。
シャンプーだけでは補いきれない成分を与えるものですから、忘れずに使うようにしましょう。

ドライヤーやドライタオルで髪と頭皮についた水分を拭き取ったら、育毛剤を頭皮に浸透させていきます。
髪だけにつけても栄養成分は行き渡りませんので、頭皮の薄い部分にしっかりと付けるようにしてください。
次に、その部分をマッサージして揉み解し、血行を促進します。

育毛シャンプーと育毛剤http://www.shamo.jp/yakuwari.htmlはあわせて使うことで高い効果を得られると考えられています。
異なるメーカーのものを併用しても構いませんが、肌荒れやかゆみなどが心配な場合は同じシリーズの製品で揃えると確実でしょう。
半年から1年、2年と長期間にかけて使い続けるアイテムですから、できるだけ肌タイプに合ったものを選ぶようにしましょう。

↓自分に合った育毛シャンプーの選び方
 http://www.saudibiosoc.com/8.html

このページの先頭へ